トップページ > シミ解消化粧品の選び方 >  肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)とは

kanpan.jpgシミの一種ですが、一般的なシミと違い、その現れ方に大きな特徴があります。

境界がわかりにくくはっきりとしない淡い茶色いシミで、頬の両側や額、口の周りなどに現れます。

左右対称に現れるのが肝斑の大きな特徴です。

また普通のシミは、小さく薄いものが徐々に大きく濃くなっていきますが、肝斑の場合は、進行が早く、1ヶ月でくっきりとわかる肝斑になっていることも多いのも、普通のシミと異なる点です。

肝斑ができる原因

肝斑は、女性ホルモンが主な原因です。30~40歳代に現れることが多く、妊娠や出産の際に現れたり、閉経することで減少・軽快することもあります。

また、経口避妊薬(ピル)の服用や過度の紫外線、内分泌異常、過度の摩擦、化粧品などが原因となることもあり、レーザー治療で悪化することもあります。

女性だけでなく、まれに男性にも肝斑が現れることもあります。

このページのトップへ↑

肝斑の治療方法

肝斑は、レーザー治療によって悪化することもあるので、注意が必要です。

内服薬としてトラネキサム酸(トランサミン)やビタミンC・ビタミンEの服用や、外用薬としてハイドロキノン、アルブチン、ルシノールなどの美白剤が肝斑に効果を発揮します。

特にハイドロキノンは、シミの漂白剤とも言われるシミの特効薬。しかし、変質しやすいため、皮膚科で処方されたハイドロキノンや一般的なハイドロキノン配合化粧品では、炎症を起こしてしまい、色素沈着・白斑などの心配もありますので、高濃度ハイドロキノンを使用する場合には、皮膚科、美容皮膚科、美容整形などで医師の管理下のもと使用するか、低濃度のものを時間をかけて使用する方が安心です。

このページのトップへ↑